HOME > ビジネス選書&サマリー > 無料版・バックナンバー > ぶっちぎりで突き抜けた結果を出す人になる仕事の心得

ビジネス選書&サマリー

無料版・バックナンバー

解除ご登録

ビジネス選書&サマリーのバックナンバーをご覧いただけます。


f

2017/08/11
ぶっちぎりで突き抜けた結果を出す人になる仕事の心得

ぶっちぎりで突き抜けた結果を出す人になる仕事の心得

これが最強の仕事術だ!

「収入を増やしたい」「今よりいいポジションを獲得したい」など、野望があるなら、自分より上のポジションにいる人間に自分を覚えてもらうことが大事だ。そういう人と偶然、エレベーターで乗り合わせたら、しっかり目を見て挨拶をすることだ。多くの人は自分より遥かに上のポジションに立つ人に会うと、緊張で目を伏せ、黙って息を潜めてしまう...


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今週の選書
■ぶっちぎりで突き抜けた結果を出す人になる仕事の心得
■松田理宏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★本書の詳細、お買い求めは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797393092/tachiyomi
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■選書サマリー  
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これが最強の仕事術だ!

【1】

「収入を増やしたい」「今よりいいポジションを獲得したい」など、
野望があるなら、自分より上のポジションにいる人間に自分を覚え
てもらうことが大事だ。

そういう人と偶然、エレベーターで乗り合わせたら、しっかり目を
見て挨拶をすることだ。多くの人は自分より遥かに上のポジション
に立つ人に会うと、緊張で目を伏せ、黙って息を潜めてしまう。

プレゼンの場で自分を印象づけようと思ったら、その場にいる全員
を唸らせるような素晴らしい提案をしなければならない。だが、エ
レベーターの中なら、たかが挨拶だ。こんな簡単な話はない。

人事を決める際は、複数の候補者の中から選抜されることが普通だ。
ここではトップに「ああ、アイツか」と思い出してもらえる人間が
有利だ。

社長ごときにビビって、目立たないよう振る舞うようでは、次のス
テージに行くためのチケットを、自分で破り捨てているようなもの
なのだ。

【2】

自分が主人公になることだ。自分の人生においては、自分が主人公
だと徹底的に心に刻むのだ。ただし、成功している人は、自分を主
人公たらしめるべく演出しているものだ。

自分のことを引いて見ることができるようになると、主人公になれ
る確率が飛躍的に高まる。なぜなら、そういう人は自分の個性と異
なる所で主人公になろうとしないからだ。

なお、主人公は「主役」とは限らない。誰もがリーダーを目指す必
要はないのだ。自分がリーダータイプでないなら、そこに気づくこ
とだ。チームの中で役割が見つかればいいのだ。

自分という人間を受け入れ、ダメな部分や弱点にも目を向ける。そ
の上で、自分がどう生きるべきかを掘り下げる。こうした行動の一
つ一つが、自分を主人公にふさわしい人間に作り上げていくのだ。

【3】

仕事のメールは、遅くとも2時間以内に返信することだ。特に、決
定権を持つ相手からのメールには2時間どころか即レスすべきだ。
素早く返信するのは、相手の熱を冷まさないためだ。

大抜擢や、大きなプロジェクトを任される時は、上司も熱に浮かさ
れているものだ。ワクワクしているからこそ冒険するのだ。冷静に
考え始めたら、いくらでも「やめた方がいい理由」は見つかる。

上司も人間だ。小さなことをきっかけに熱意がかきたてられること
もあれば、どうでもいいと思い始めることもある。メールの返信が
遅いと、その間に上司のやる気が失われるリスクを高めるのだ。

取引先も同じだ。相手の気が変わらないうちにクロージングするの
が、あらゆるビジネスの共通点だ。だからこそ仕事のメールは「2
時間以内の返信」重要なメールは「10分以内」を目指すのだ。

【4】

実績のない人が、異業種交流会やセミナーに顔を出しても人脈は得
られない。同じステージに立つ仲間でないからだ。本気で人脈を獲
得したいなら、肩を並べられる位置にまで自分を引き上げることだ。

自分が相手にとって「魅力的な人脈」に映らなければ、積極的にア
プローチしても「物欲しげ」しか見えない。自分にとって相手は価
値があっても、相手にとって自分が無価値なら、関わる意味はない。

自分の価値が高まり「人脈」としてみなされるようになると、異業
種交流会やセミナー、パーティなどの場所に出かけたとき、自分か
らアクションを起こさなくても、周囲から声がかかるものだ。

逆に、声がかからないうちは、こうした場に参加すること自体が、
時期尚早だ。どれほどやる気があって、有望な人でも「人脈を欲し
がり、ぶら下がってくる輩だ」と見なされればチャンスが遠ざかる。

人脈を獲得するには、自分自身の成長が必須だ。相応の時期がある
ことを知るべきなのだ。何者でもないうちは、まず「他人が寄って
くる自分」を作ることが先なのだ。

※↓「これじゃ、物足りない!」そんな方は、コチラ↓
http://www.bbook.jp/paymelmaga.html

★本書の詳細、お買い求めは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797393092/tachiyomi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■選書コメント
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仕事の成功法則です。ビジネスで成功するために必要な接待のしか
たや、クライアントの距離の縮め方、ライバルに勝つ方法など、チ
ャンスをつかむ上で不可欠な仕事のコツを教えてくれます。

著者は、元Gap伝説のバイスプレジデントです。15年以上にわたり
かばん持ちを受け入れてきたそうです。ノウハウが直に学べるとあ
って無給にもかかわらず、志願者が後を絶たないそうです。

そんな、これまでは「かばん持ち」たちしか知りえなかったノウハ
ウをまとめたのが本書です。チャンスを引き寄せる仕事のちょっと
したヒントを教えてくれます。

本書で紹介するノウハウは、いわゆるスキルではありません。物の
考え方や行動パターンが中心です。かつては上司や先輩たちが、酒
席などで口承していた法則のようなものです。

著者は、できる人とできない人の差はごくわずかだといいます。一
体その「差」は何なのか?それを教えてくれる人は、実は滅多にい
ません。本書はそれを教えてくれます。

具体的には、相手の自分を印象付ける方法や時間やお金の使い方、
人を動かすコミュニケーションなどです。さらにアパレル出身の著
者らしく、外見の磨き方にまで及びます。

最初から通して読んでもいいですが、いずれの法則も独立していま
す。パラパラめくって、気になる所から目を通し、できそうなもの
から実践してみるのもいいかもしれません。

「ビジネスで成果をあげたい」「成功したい」と思いながら「周囲
にお手本になりそうな人がいない」という人は少なくないと思いま
す。そんな野心的なビジネスパーソンにお勧めしたい一冊です。

※「これじゃ、物足りない!」方は、コチラ
http://www.bbook.jp/paymelmaga.html

★本書の詳細、お買い求めは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797393092/tachiyomi

──────────────────────────────
◎バックナンバー→
http://www.bbook.jp/backnumber
◎ご意見、お問い合わせ、→ info@kfujii.com
◎登録、変更、解除→
http://www.bbook.jp/mag.html 
──────────────────────────────
発行元:(株)アンテレクト 藤井孝一 Copyright 1999-2017
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加

主宰者

藤井孝一
藤井孝一
経営コンサルタント
週末起業フォーラム(現・週末起業実践会)発起人・元代表
(株)アンテレクト取締役会長

慶応義塾大学文学部を卒業後、大手金融会社でマーケティングを担当。米国駐在を経て、中小企業と起業家への経営コンサルティング開始する。2002年6月「週末起業フォーラム(現・週末起業実践会)」を設立。この新しい起業スタイルを全国のビジネスパーソンに普及させるべく奔走中。

株式会社アンテレクト

東京事務所:
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビル4F
Tel.(03)6273-7950
Fax.(03)6273-7951

企業情報はこちら

著者の方へ

広告掲載についてはこちら

TOP