HOME > 本日の選書 > マネジメント

本日の選書

無料版・バックナンバー<マネジメント>

本日の選書のバックナンバーをご覧いただけます。

f

2011/09/20
「一生懸命」な「まじめ」社員を『稼げる』人材に育てる法(山元浩二)

「一生懸命」な「まじめ」社員を『稼げる』人材に育てる法(山元浩二)
一生懸命やったって、成果の出ないことはあります。そんな残念な社員たちを、稼げる社員に育てる仕組みを教えます。従業員30名未満の社長は必読です。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/09/20
MBQマネジメント・バイ・クエスチョン(堀 公俊)

MBQマネジメント・バイ・クエスチョン(堀 公俊)
上司力は、質問力です。人を動かすなら、指示命令より質問です。「3つの質問」を部下に繰り出せば、成果が生まれます。MBQが活きるのは、「短時間で部下の仕事を掌握したいとき」「部下が生煮えの提案を持ってきたとき」「部下が抱える問題を解決したいとき」など。質問で、部下の可能性を引き出しましょう。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/09/20
部下を持つ人の時間術(水口和彦)

部下を持つ人の時間術(水口和彦)
ありそうでなかった、リーダーの「時間術」。時間管理のダメな上司は、組織もダメにします。「できる上司はヒマそうに見せる」など、納得できます。メディアやネットで人気の「時間の専門家」が、チームの成果を高めるタイムマネジメントを初公開します。リーダーの仕事を「時間管理の専門家」の視点から見ると、まだまだ改善の余地が残っています。そこで、これ以上負担を増やさずに効率化できて、確実に効果も上がるやり方を教えてくれます。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/09/02
おもてなし経営 ―顧客を創造し続ける究極の方法(蓬台浩明)

おもてなし経営 ―顧客を創造し続ける究極の方法(蓬台浩明)
会社経営もおもてなしの「心」です。日本が世界に誇るホスピタリティを発揮して経営され、成長するする都田建設さん、私も伺いましたが、この会社は本物です。答えは、ここにあった!と興奮したものです。本書では、蓬台社長が、心の経営に寄せる思いと、経営手法を語ります。経営者、マネージャーは必読です。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/08/05
逆境を生き抜くリーダーシップ(ケン・アイバーソン )

逆境を生き抜くリーダーシップ(ケン・アイバーソン )
リーダーのお手本はいろいろありますが、本書で描かれるリーダー像が一番しっくりきます。リーダーの仕事をしています。まさに逆境にある日本のリーダーたちに読んでもらいたい本です。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/07/07
学習する組織――システム思考で未来を創造する(ピーター M センゲ)

学習する組織――システム思考で未来を創造する(ピーター M センゲ)
本書に出会った時の衝撃は、今も忘れられません。私が生涯に読んだ本の中で、影響を受けた本ベストテンを上げよといわれたら、間違いなく本書が入ります。本書との出会いが、現在の事業を始めたことと大きくかかわっています。コーチングをはじめとして、ビジネス書でおなじみのコンセプトの多くが本書を原点にしています。企業のマネジメントのあり方を大きく変えた本といっても大げさではないと思います。世界中で100万部読まれている名著です。この本が、再び装いを改めて世に出たことを心から歓迎します。ただし、600ページ近い大著、読みこなすには相当の覚悟と根性が必要です。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/07/04
英語を社内公用語にしてはいけない3つの理由(津田幸男)

英語を社内公用語にしてはいけない3つの理由(津田幸男)
英語を社内公用語に。流行っていますが、危険です。英語支配を生み出します。理由は(1)日本語・日本文化を軽視するもので、(2)社会的格差・不平等を助長し、(3)言語権の侵害でもあるからです。経済・効率性の追求や目先の流行に飛びつくことが、文化を破壊する原因にもつながるのですね。考えさせられますね。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/06/20
誰でもなれるけど、簡単じゃない! 主任・係長の教科書(濱田秀彦)

誰でもなれるけど、簡単じゃない! 主任・係長の教科書(濱田秀彦)
ほとんどの人が課長にさえなれない時代。それでも、主任や係長までなら、誰でもなれそうです。でも、彼らの仕事はそれほど簡単ではないので、気は抜けません。それどころか、課長としての力量が試さる大事な時期です。では、いったい何をすればいいのでしょう。誰も教えてくれません。実はこの階層は、本もほとんど出ていません。だから、本書が貴重なのです。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/06/20
行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術(石田淳)

行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術(石田淳)
上司の価値は、教え方で決まります。でも、難しい。最後は、気合と根性でごまかします。もっと賢い方法があります。行動科学の手法を取り入れるのです。「自己開示をする」「知識と技術に分けて教える」「大事な単語は穴埋めに」「8分おきに参加させる」など、超具体的。研修など大人数向けの教育や子供の教育にも使えます。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加
f

2011/06/06
課長の時間術(田中和彦)

課長の時間術(田中和彦)
「忙しい」多くの課長の心の声です。今どきの課長は本当に大変です。部下のマネジメントに、上司からの圧力、さらに自分の仕事まで、たいへんな重圧と業務量に耐えています。それでも、成果を上げなければ、次はありません。そんな課長に必要なのは時間です。課長の時間が増えれば、チームの成果は自ずと上がります。本書は、課長が時間を倍増する方法を解説する本です。著者は、リクルートで複数の課長職を歴任した田中和彦さんです。印象的なのは、精神論でなく具体的な点。「TO DO リストは前日に書け」など、すぐに使えることばかり。人をまとめる役回りのすべての人に。
ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加

主宰者

藤井孝一
藤井孝一
経営コンサルタント
週末起業フォーラム(現・週末起業実践会)発起人・元代表
(株)アンテレクト取締役会長

慶応義塾大学文学部を卒業後、大手金融会社でマーケティングを担当。米国駐在を経て、中小企業と起業家への経営コンサルティング開始する。2002年6月「週末起業フォーラム(現・週末起業実践会)」を設立。この新しい起業スタイルを全国のビジネスパーソンに普及させるべく奔走中。

株式会社アンテレクト

東京事務所:
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビル4F
Tel.(03)6273-7950
Fax.(03)6273-7951

企業情報はこちら

著者の方へ

広告掲載についてはこちら

TOP