HOME > ビジネス選書&サマリー > 無料版・バックナンバー > リーダーになる人の武器としての禅の名言

ビジネス選書&サマリー

無料版・バックナンバー

解除ご登録

ビジネス選書&サマリーのバックナンバーをご覧いただけます。


f

2019/08/30
リーダーになる人の武器としての禅の名言

リーダーになる人の武器としての禅の名言

禅の名言

禅語は不思議なコミュニケーションだ。人間は、メッセージや概念を言葉で考え、言葉で人に伝えている。禅語など、禅の名言の数々も、もちろん言葉だ。だが、禅の師たちは、本当のことは言葉では伝わらないと考えていた。それでも彼らは言葉を尽くして、気持ちや考えを伝えようとしている。そのスリリングな挑戦こそが禅語だ...


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今週の選書

■リーダーになる人の武器としての禅の名言

■二階堂 武尊
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★本書の詳細、お買い求めは、
→ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920462/tachiyomi
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■選書サマリー
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
禅の名言
 
【1】
 
禅語は不思議なコミュニケーションだ。人間は、メッセージや概念
を言葉で考え、言葉で人に伝えている。禅語など、禅の名言の数々
も、もちろん言葉だ。
 
だが、禅の師たちは、本当のことは言葉では伝わらないと考えてい
た。それでも彼らは言葉を尽くして、気持ちや考えを伝えようとし
ている。そのスリリングな挑戦こそが禅語だ。
 
禅語は、いわば言葉のバトルだ。とっくみあいの場外乱闘だ。一語
一語が真剣勝負なのだ。伝える師匠も、受けとる弟子も、目を見開
き、五感をフル動員して禅語に取り組んでいる。
 
禅僧の中には、ひとつの禅語に人生をかけた人もいるくらいだ。禅
語は、刃物のように鋭利で、大河のように包容力があり、深く腹に
落とせば、一生モノの武器になるのだ。
 
最近、アメリカのビジネスリーダーたちの中にも、禅を学ぶ人々が
増えている。彼らもまた、人生という荒野を戦い抜く武器として、
そして生きる糧として、禅語に親しむ風潮が浸透しつつあるのだ。
 
リーダーたちは禅語によって、ときには身を引き締め、ときに、心
を慰めることができる。ひとつでもふたつでも自分のものにできれ
ば、人生の視界が大きく開けるはずだ。
 
【2】
 
リーダーは多様性を受け入れるべきだ。禅語で言う「同時」とは、
日本の禅宗で大切にしている言葉だ。これは、相手の立場に立って
行動することの大切さを伝えている。
 
リーダーが部下の立場に立つとは、まず部下の大事にしている価値
観を尊重することだ。自分の価値観だけを押しつけず、相手が何を
大事にしているかに想像力を働かせるべきだ。
 
また、権限は大胆に委譲すべきだ。部下の能力を推し量り、それに
見合った仕事を思い切って任せるのだ。少しは無理をしてもらい、
達成感を味わってもらうのだ。
 
これまでのような単一の価値観では、会社は回っていかない。多様
性を受け入れる時代だ。それが、これからのリーダーにとって、尤
も大切な能力だ。
 
【3】
 
リーダーになれば、部下のマネジメント以外にもたくさんの雑事が
降りかかる。「そんな雑事は、木っ端微塵に粉砕してしまえ」とい
うのが「百雑砕(ひゃくざつさい)」だ。
 
自分をポジティブに投げ出すことで、本当に大事なことに取り組む。
すべてをぶっ壊して、人生でもっとも大事にすることに集中してつ
かみとるのだ。
 
日常生活は、雑事の塊だ。雑事が溜まると、すべてのことに消極的
になり、優先順位もつけにくくなる。そういう時だからこそ、時間
をとって、雑事の棚卸しをしてみるべきだ。
 
一つ一つを精査する、どうでもいいことが結構ある。そこから目を
反らすから、雑事が降り積もるのだ。人生は短い。どうでもいいこ
とを引きずる時間はない。不要な雑事は捨てる勇気を持つべきだ。
 
【4】
 
全力こそが可能性を広げる。「全機現(ぜんきげん)」とは、持っ
ている力をすべて発揮することだ。世の中にインパクトを与えるリ
ーダーは、人並み外れた頑張り屋なのだ。
 
頑張るといっても、ただ歯を食いしばって汗水垂らすだけではない。
現代のような情報化社会では、情報収集力や分析力など、様々な能
力が試されるものだ。
 
まずは、感覚を研ぎ澄まし、世界を見るのだ。そうすることで、自
分の中に眠る様々な力を目覚めさせることだ。そうして全力を尽く
せば、それに見合ったチャンスも飛び込んでくるはずだ。
 
まずは動くのだ。動かなければ何も起きない。目を見開いて世界の
動きを見ていれば、この世のすべてはチャンスだ。ビジネスの種は
至るところに潜んでいて、発見されることを待ち構えているのだ。
  
※↓「これじゃ、物足りない!」「広告が煩わしい」方はコチラ↓
 http://www.bbook.jp/paymelmaga.html
 
★本書の詳細、お買い求めは、
→ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920462/tachiyomi
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■選書コメント
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
●今週の選書について
 
リーダーシップの本です。極意を禅の言葉、すなわち「禅語」から
学びます。リーダーが、自分の身を引き締めたり、心を慰めたりす
る上で役立つ禅語を知り、理解することができます。 
 
禅の名言は、政治家や財界人など、多くのリーダーたちの座右の銘
として愛されてきました。海外でも影響があり、ご存知スティーブ・
ジョブズも、スピーチの原案に採用しています。
 
彼らも、生きる武器・糧として、禅語を学び、親しんできたのです。
そんな仕事にも生きる名言の中から、特にリーダーの武器となりそ
うなものを101個、著者が厳選し、解説してくれます。
 
本書の特徴は、リーダーに必要な能力別に、章ごとに分類されてい
ることです。具体的には「大きく考える」「視点を変える」「いま
にへばりつく」「執着を捨てる」などです。
 
「大きく考える」の章では「恰好」(トラブルが起きてもうろたえ
ない)や「東山水上行」(山は動かない。動いているのは心)など
が紹介されていきます。
 
文体は歯切れよく軽快で、難解に捉えがちな禅の世界を、現代風に
すっきり紹介してくれます。スピーチやプレゼン、ご挨拶や手紙文、
日常会話などでも、無理なく、嫌味なく活用できます。 
 
このうちのいくつかを自分のものにできれば、 人生の視界が大きく
開けます。そんな生涯の財産になる言葉が詰まっています。気に入
ったものを座右の銘にすればいいと思います。
 
これからリーダーになる人や、もっとリーダーシップを発揮したい
という指導者にはもちろん、これから禅を学びたいという人の禅の
入門者としても最適の一冊です。 
 
※「これじゃ、物足りない!」方は、コチラ
→ http://www.bbook.jp/paymelmaga.html 
 
★本書の詳細、お買い求めは、
→ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920462/tachiyomi
 
 
──────────────────────────────
◎バックナンバー→ http://www.bbook.jp/backnumber
◎ご意見、お問い合わせ、→ info@kfujii.com 
◎登録、変更、解除→ http://www.bbook.jp/mag.html  
──────────────────────────────
発行元:(株)アンテレクト 藤井孝一 Copyright 1999-2019
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今週の選書

■リーダーになる人の武器としての禅の名言

■二階堂 武尊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★本書の詳細、お買い求めは、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920462/tachiyomi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■

■■選書サマリー  

■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

禅の名言


【1】

 

禅語は不思議なコミュニケーションだ。人間は、メッセージや概念

を言葉で考え、言葉で人に伝えている。禅語など、禅の名言の数々

も、もちろん言葉だ。

 

だが、禅の師たちは、本当のことは言葉では伝わらないと考えてい

た。それでも彼らは言葉を尽くして、気持ちや考えを伝えようとし

ている。そのスリリングな挑戦こそが禅語だ。

 

禅語は、いわば言葉のバトルだ。とっくみあいの場外乱闘だ。一語

一語が真剣勝負なのだ。伝える師匠も、受けとる弟子も、目を見開

き、五感をフル動員して禅語に取り組んでいる。

 

禅僧の中には、ひとつの禅語に人生をかけた人もいるくらいだ。禅

語は、刃物のように鋭利で、大河のように包容力があり、深く腹に

落とせば、一生モノの武器になるのだ。

 

最近、アメリカのビジネスリーダーたちの中にも、禅を学ぶ人々が

増えている。彼らもまた、人生という荒野を戦い抜く武器として、

そして生きる糧として、禅語に親しむ風潮が浸透しつつあるのだ。


リーダーたちは禅語によって、ときには身を引き締め、ときに、心

を慰めることができる。ひとつでもふたつでも自分のものにできれ

ば、人生の視界が大きく開けるはずだ。


【2】


リーダーは多様性を受け入れるべきだ。禅語で言う「同時」とは、

日本の禅宗で大切にしている言葉だ。これは、相手の立場に立って

行動することの大切さを伝えている。


リーダーが部下の立場に立つとは、まず部下の大事にしている価値

観を尊重することだ。自分の価値観だけを押しつけず、相手が何を

大事にしているかに想像力を働かせるべきだ。


また、権限は大胆に委譲すべきだ。部下の能力を推し量り、それに

見合った仕事を思い切って任せるのだ。少しは無理をしてもらい、

達成感を味わってもらうのだ。


これまでのような単一の価値観では、会社は回っていかない。多様

性を受け入れる時代だ。それが、これからのリーダーにとって、尤

も大切な能力だ。


【3】


リーダーになれば、部下のマネジメント以外にもたくさんの雑事が

降りかかる。「そんな雑事は、木っ端微塵に粉砕してしまえ」とい

うのが「百雑砕(ひゃくざつさい)」だ。


自分をポジティブに投げ出すことで、本当に大事なことに取り組む。

すべてをぶっ壊して、人生でもっとも大事にすることに集中してつ

かみとるのだ。


日常生活は、雑事の塊だ。雑事が溜まると、すべてのことに消極的

になり、優先順位もつけにくくなる。そういう時だからこそ、時間

をとって、雑事の棚卸しをしてみるべきだ。


一つ一つを精査する、どうでもいいことが結構ある。そこから目を

反らすから、雑事が降り積もるのだ。人生は短い。どうでもいいこ

とを引きずる時間はない。不要な雑事は捨てる勇気を持つべきだ。


【4】


全力こそが可能性を広げる。「全機現(ぜんきげん)」とは、持っ

ている力をすべて発揮することだ。世の中にインパクトを与えるリ

ーダーは、人並み外れた頑張り屋なのだ。


頑張るといっても、ただ歯を食いしばって汗水垂らすだけではない。

現代のような情報化社会では、情報収集力や分析力など、様々な能

力が試されるものだ。


まずは、感覚を研ぎ澄まし、世界を見るのだ。そうすることで、自

分の中に眠る様々な力を目覚めさせることだ。そうして全力を尽く

せば、それに見合ったチャンスも飛び込んでくるはずだ。


まずは動くのだ。動かなければ何も起きない。目を見開いて世界の

動きを見ていれば、この世のすべてはチャンスだ。ビジネスの種は

至るところに潜んでいて、発見されることを待ち構えているのだ。

  

※↓「これじゃ、物足りない!」「広告が煩わしい」方はコチラ↓

 http://www.bbook.jp/paymelmaga.html


★本書の詳細、お買い求めは、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920462/tachiyomi


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■

■■選書コメント

■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●今週の選書について


リーダーシップの本です。極意を禅の言葉、すなわち「禅語」から

学びます。リーダーが、自分の身を引き締めたり、心を慰めたりす

る上で役立つ禅語を知り、理解することができます。 


禅の名言は、政治家や財界人など、多くのリーダーたちの座右の銘

として愛されてきました。海外でも影響があり、ご存知スティーブ・

ジョブズも、スピーチの原案に採用しています。


彼らも、生きる武器・糧として、禅語を学び、親しんできたのです。

そんな仕事にも生きる名言の中から、特にリーダーの武器となりそ

うなものを101個、著者が厳選し、解説してくれます。


本書の特徴は、リーダーに必要な能力別に、章ごとに分類されてい

ることです。具体的には「大きく考える」「視点を変える」「いま

にへばりつく」「執着を捨てる」などです。


「大きく考える」の章では「恰好」(トラブルが起きてもうろたえ

ない)や「東山水上行」(山は動かない。動いているのは心)など

が紹介されていきます。


文体は歯切れよく軽快で、難解に捉えがちな禅の世界を、現代風に

すっきり紹介してくれます。スピーチやプレゼン、ご挨拶や手紙文、

日常会話などでも、無理なく、嫌味なく活用できます。 


このうちのいくつかを自分のものにできれば、 人生の視界が大きく

開けます。そんな生涯の財産になる言葉が詰まっています。気に入

ったものを座右の銘にすればいいと思います。


これからリーダーになる人や、もっとリーダーシップを発揮したい

という指導者にはもちろん、これから禅を学びたいという人の禅の

入門者としても最適の一冊です。 


※「これじゃ、物足りない!」方は、コチラ

http://www.bbook.jp/paymelmaga.html 


★本書の詳細、お買い求めは、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920462/tachiyomi

  

──────────────────────────────

◎バックナンバー→ http://www.bbook.jp/backnumber

◎ご意見、お問い合わせ、→ info@kfujii.com 

◎登録、変更、解除→ http://www.bbook.jp/mag.html  

──────────────────────────────

発行元:(株)アンテレクト 藤井孝一 Copyright 1999-2019

──────────────────────────────

ツイートする FACEBOOK いいね! このエントリーをはてなブックマークに追加

主宰者

藤井孝一
藤井孝一
経営コンサルタント
週末起業フォーラム(現・週末起業実践会)発起人・元代表
(株)アンテレクト取締役会長

慶応義塾大学文学部を卒業後、大手金融会社でマーケティングを担当。米国駐在を経て、中小企業と起業家への経営コンサルティング開始する。2002年6月「週末起業フォーラム(現・週末起業実践会)」を設立。この新しい起業スタイルを全国のビジネスパーソンに普及させるべく奔走中。

株式会社アンテレクト

東京事務所:
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビル4F
Tel.(03)6273-7950
Fax.(03)6273-7951

企業情報はこちら

著者の方へ

広告掲載についてはこちら

TOP